アップリカのベビーシート「フラディア グロウ エバー」は赤ちゃんが寝てるような「平ら」なベッド!

アップリカのベビーシート「フラディア グロウ エバー」は赤ちゃんが寝てるような「平ら」なベッド!

Aさん:ねえ、アップリカってブランドが新しいベビーシートを出すみたいだよ。赤ちゃんが寝てるみたいな「平ら」なベッドが特長らしいんだ。

Bさん:ほんと?それってどんな感じなの?

Aさん:それが、チャイルドシートなんだけど、まるでおうちで寝てるような「平ら」なベッドに変化するっていうんだ。2024年1月下旬に発売されるんだって。

Bさん:それはすごいね。でも、どうして「平ら」なベッドがいいの?

Aさん:なんだかんだ言っても、未熟な赤ちゃんが「平ら」なベッドだと体を支えやすくて、呼吸がしやすいんだって。アップリカはすでに高度な安全性が求められる「R129」適合のチャイルドシートを以前から発売してて、今回のもそれに該当するんだって。

Bさん:それってすごく安心できそう。どんな特長があるの?

Aさん:「フラディア グロウ エバー」っていうんだけど、アップリカ独自のフルリクライニング構造で、「平ら」なベッドに変化するんだって。そして、後向きシート、前向きシートと3ステップで形が変わって、生まれてすぐから4歳ごろまでずっと理想的な姿勢を保つことができるんだって。

Bさん:それってすごく便利そう。どれくらいの価格なの?

Aさん:メーカー希望小売価格は「フラディア グロウ エバー」が7万5900円(税込み)で、「フラディア グロウ エバー プレミアム」が8万3600円(税込み)なんだ。プレミアムにはエキストラシェードや取り外し可能な肩パッドカバーなどがついてるんだって。

Bさん:なるほど。なかなかおしゃれで便利そうなチャイルドシートだね。ありがとう!

 

 

まとめ

アップリカが2024年1月下旬に発売する「フラディア グロウ エバー」は、平らなベッドに変化するチャイルドシートで、未熟な赤ちゃんに優しい姿勢を提供します。高い安全性を求められる「R129」適合で、アップリカが得意とするフルリクライニング構造を備えています。後向きシート、前向きシートと3ステップで形が変わり、生まれてから4歳ごろまで使える便利な商品です。新開発の「スライドターンレバー」も搭載され、操作がスムーズで赤ちゃんの乗せ降ろしが楽になります。価格は「フラディア グロウ エバー」が7万5900円(税込み)、プレミアムが8万3600円(税込み)で、エキストラシェードや肩パッドカバーなどがついたお得なセットです。安全で機能的、そしておしゃれなデザインが魅力の新しいチャイルドシートです。