Read Article

50倍濃縮プラセンタサプリ「高濃度プラセンタ100 CORE」をたった1日で身につける

(今回の執筆担当)ふみの:27歳性別不明。闇がよく似合う人情家な村人A。桃色の髪と猫のような瞳を持つ、似合わない格好に切れ長の目の中国人。

脳力アップのために常常見聞を引照しています!

お役に立つかわかりませんが、ご照覧いただければと思います☆

以下気になったもののまとめです。

高濃度プラセンタ100 CORE

プラセンタ100CORE~プラセンタ100がパワーアップして新発売!

<<リニューアル背景>>
プラセンタの力をそのまま実感していただきたいから使用する原料の多さ、濃さにこだわってきましたが、
体内にしっかり吸収されることも重要と考えました。2014年には吸収をよくするためにカプセルを改良。
そして今回、プラセンタエキス末を低分子化することに成功し、さらなる吸収性アップを目指しました。

<<プラセンタ100 COREの特徴>>~商品リニューアルで変わったこと

①高濃度プラセンタエキス末を酵素で低分子化!

→分子をさらに約半分まで小さくすることで、すぐれた吸収性を目指しました!
→低分子化とは、たんぱく質などを酵素分解し、アミノ酸に分解することを指します。
エキス末の低分子化に当たり、ただ低分子化するだけではなく、プラセンタの良さである成分を残しつつ、低分子化することに長い時間を費やしました。

良さを活かした酵素分解を行うため、数十種類の酵素を試し、2種類の酵素を選びました。プラセンタの良さがわかっている銀座ステファニー化粧品だからこそ、プラセンタのパワーを活かした低分子化が実現できました。

【吸収について】
・高分子⇒体内でじっくり吸収される、体内にとどまる
時間が長いため、効果も持続します。

・低分子⇒体内で低分子に分解する必要が無くなるため、
すばやい吸収性を目指しすばやい実感!!

【分子の大きさについて】
・現行品プラセンタ100⇒約1万ダルトン以下
・プラセンタ100Core⇒約5000ダルトン以下
⇒約半分の低分子化を実現!※ダルトンは分子の質量を表す単位

【高分子と呼ばれる代表的な物質】
タンパク質、炭水化物、脂肪

②アミノ酸量が2倍以上に増加!

→低分子化により、エキス末に含まれるアミノ酸量が従来品の2倍以上に増加しました!

③エキス末の匂いの低減

→従来のプラセンタエキス末と比べ、低分子化されたエキス末は約30%、臭いが減少しました。

④成長因子FGF・HGF・KGFを含有

■プラセンタ100CORE の特徴

1粒に女性を輝かせる成分が凝縮!
美容と健康に良い「亜麻仁油、DHA・EPA、【栄養機能食品】ビタミンB12、ビタミンE」を追加配合!

≪50倍濃縮≫
50kgのプラセンタから1kgしかとれない(50倍濃縮)
高濃度プラセンタエキス末は銀座ステファニー化粧品だけしか使用できません!

※50倍濃縮プラセンタエキス末は、日本国内はもとより海外
(韓国・台湾・中国・香港・フィリピン・マレーシア・シンガポール・タイ)
においても銀座ステファニー化粧品だけが使用できる原料です。

1日4粒目安で36,000mg原料を使用!
50倍濃縮プラセンタエキス末を1粒に180mg配合

▼原料換算に戻すと・・・
50倍濃縮×1粒180mg=1粒9,000mg原料を使用

▼1日4粒目安のため・・・
9,000mg×4粒=36,000mgとなります

≪プラセンタ100に含まれる栄養素≫

銀座ステファニー化粧品のプラセンタエキス末の栄養素は一般的なプラセンタの成分より、原料を多く使用することで多くの成分が多く含まれています!

ヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸などの物質はムコ多糖類と呼ばれ、身体の中ではタンパク質を中心にひとかたまりになっています。これがムコ多糖タンパク質と呼ばれています。

<アミノ酸18種類とは>
アルギニン/リジン/ヒスチジン/フェニルアラニン/チロシン/ロイシン/イソロイシン/バリン/アラニン/グリシン/プロリン/グルタミン酸/セリン/スレオニン/アスパラギン酸/トリプトファン/遊離アスパラギン/タウリン

≪プラセンタ100原料・品質について≫

プラセンタ100 COREの原料となるプラセンタは、SPF豚と同等の基準で飼育管理された、デンマークの豚由来プラセンタを使用しております。

SPF豚とは、健康に悪影響を及ぼす特定の病原菌を持たないように育てられた豚のことで、日本国内の農場でSPF認定豚を育てられるのはわずかに4%。

酪農先進国のデンマークは、飼育環境が国際的に見ても高水準にあり、このSPF豚を育てる基準をほとんどの農場が満たしていると言われています。

他にもデンマークでは、生産者、飼料、健康な血統かどうかまで遡ることができるトレーサビリティ制度がある他、農薬・重金属・ホルモン・抗生物質などの残留物質の心配ないことを記す衛生証明書を政府が発行するなど、徹底した品質管理が行われています。

もっと詳しく知りたい方はこちらへ
↓↓↓
高濃度プラセンタ100 CORE
『高濃度プラセンタ100 CORE』

Return Top